店舗プロデュース 開業をお考えの方へ オーナー、経営者になるための心構え

飲食店の開業にあたって

家業でやるか、企業でやるか…。いずれにしろオーナー・経営者になるのです。そしてやるからには経営していくお店を繁盛させなければなりません。
従って「経営者感覚を持つ」この事を欠かす事ができません。
それでは、この「経営者感覚」とは一体どういったものなのでしょうか。

1.自店の必要性、自店の存在理由を明確に言える人 2.すべての考え方・行動がお客様第一主義で貫かれている人 (=お客様の喜びが自分の喜びである人)

究極には、商売繁盛の極意というのはすでに研究し尽くされています。その中で特に、この2つの条件を持っている人、持とうと努力している人ならばどのような業種でも必ず成功します。
飲食店の「経営者感覚」とは、店側からお客様を見るのではなく、お客様側からあらゆる部分で店を見る事のできる感覚をいうのです。そこではじめて「売り手」と「買い手」という対立が消え、「買っていただく」「買わせていただく」という信頼関係が約束されます。そしてその努力を積み重ねた結果として繁盛店となり、お客様に”必要”とされる店舗展開が出来るのです。

商売繁盛の極意 五項目

当たり前の事を当たり前にやっているだけなら、そこにはサービスは存在しない
1.とびきりの味を研究し、自信を持って商品をつくり、 2.その店なりにできるサービスを考え、 3.店をきれいに磨き込み、おしゃれに飾る 4.心温かいおもてなしをし、 5.真面目に商売に取り組む

これらはすべて飲食店経営では基本的な事ですが、これらを守るだけでその店は繁盛すると断言できるでしょう。
不況の昨今、この基本の徹底がサービスの充実になり、それが店の『売り』になっているのです。
逆に、それら基本的な事すらが出来ていない店は一体何を売っているのでしょう?
味でしょうか?サービスでしょうか?立地でしょうか?信用でしょうか?歴史でしょうか?あなたの店では何を売っていきますか?
フジエダ珈琲では、これからコーヒーショップをお始めになるお客様に、ご計画されている立地条件、周辺環境調査、マーケティングリサーチなどをバックアップします。さらに店舗の設計施行管理、什器備品の手配、メニュー構成や価格体系のアドバイスなど、開店までのさまざまな要件をフルにサポートしています。
また開店後もコーヒーの味や豆の管理、より豊かな味を引き出していくためのコーヒーのたて方など、フジエダ珈琲のノウハウのすべてを注いで、魅力あるショップ作りをお手伝いいたします。
奈良県全域および京都南部・三重西部・大阪府にて喫茶店の開業を考えておられる方、また喫茶店を始めてみたいのだけれど何から準備をしていいのかわからない方、まずは私共にお気軽にご相談ください。

 mama de cafe-ママデカフェ-